森下千里について

結婚できてもできなくても変わらず愛していられるのが本当の恋なのだ。

そのうちに別れる日が訪れるかもしれないけど、けれど離れられないという心理が愛情である。

男と言うのは惚れさせたい人が自分に対して話しをしている場面でしゃべっている人の目を見る可能性が高い。

しゃべりかけたときに聞きながら目をしっかりとした目で見つづけてくれるかが、気になる異性なのかどうかの分かれ目です。

通常は女の人は聞くことよりも話をするほうになることを好みます。

自分の言いたいことばかりいつまでも話し続ける男性はただのお馬鹿さん。

気を遣いながらどんな時でも話役になることが好きな女性に話すよう促すことが最も大切。



えりか恋の小技集

果てしない空は女の恋愛のようなものであり、偉大で大きな海は男性の恋である。

男の恋も女の恋も空の下やと海の上にの境に限度が潜んでいぁ
襪海箸傍い❹弔ǂ覆い發里任△襦\xA3

グループになってデートのとき、運転は決して譲ってはダメ!必ず自分の横に手に入れたい相手を座らせて自分たちだけの場所を作りなさい。

自分の財布を頼めば二人っきりの共同作業がそこに生まれます。

愛には聞こえる言葉よりも沈黙があるのだ。

だから恋する男性が彼女に対して語りかけているとき、聞いている女の人は男性の言葉よりも沈黙に惹かれているのが普通だ

こと変化に対応しきれなくなっている

女性はふつう男性の様々なスキルが特別ではないことを好んでいる。

全部が40点〜50点あたりの人が好感をもたれる。

非常に素晴らしい才能ばかりの完全無欠な人は反対に寄せ付けてもらえない。

女の人から受けたとおりの質問をそのまま返さない男の人は女性にモテはしない。

女の人というものは相手に同様に聞かれたくてそれを聞く。\xA1


本人がする質問は同様に聞き返してほしいというもの\xA1
である。

チャレンジして成功させるテクニックとは女性を夢を見ているような気持ちにさせることが重要です。

つまり『今日は財布にゆとりがあるから、俺におごらせてよ!』と余裕の表情で誘えば、この人には“経済的な余裕がある”と女性は思い込むという傾向。